緑色レーザー光の波長(532nm)

グリーン超高出力レーザーポインターの波長は色覚障害者のみならず一般の人にも一番見え易い波長なので、プレゼンなどで全ての人に届けたいのであればレーザーを使うべきだと考えます。 レーザー レッド 光の波長(635nm・650nm)に比べ比視感度のピークに近い波長であるため、赤色レーザー光よりも約8倍明るく視認することができます。

2:ほかのレーザーの中で緑レーザーが一番明るいので、明るい室内蛍光灯下で使いたい、広い会場で大きな画面に投影したいとなれば、ハイパワーのプロジェクターが使用されます。

3:人間の眼で一番認識しやすいとされる555nmの波長に限りなく近いグリーンレーザーを搭載。レッドカラス対策レーザーの8倍の明るさを実現しています。明るい部屋や液晶画面でも光が比較的見えやすいので最適です。

高出力レーザーポインター100mw・強力レーザーポインターのしくみについて
高出力レーザーポインター・強力レーザーポインター(英語: Laser Pointer)とは、レーザーダイオード(LD)から発振されたレーザー光線を、限りなく遠くまでとばすことができるレーザーポインターのことを言います。レーザーダイオードとは、半導体の再結合発光を利用したレーザー(半導体レーザー素子)のことで、発光ダイオード(LED)よりも10~100倍の価格がするとても高価な光線です。この光線を、コリメートレンズという平行光を作るためのレンズに通して平行な光線にすることで、非常に強力なレーザー光線を飛ばすことができるというしくみになっています。

レーザーポインターおすすめには主に赤色(レッド)・緑色(グリーン)・青色(ブルー)の3種類のカラーがあります(※)。これらの違いは価格と見えやすさです。もっとも安価な色は赤色で、低価格帯で購入することができます。逆にもっとも高価な色は青色です。また、一番見えやすい色は緑色で、「レーザーポインター1mwの色の違い」でも説明しているように、赤色の8倍も認識しやすいと言われています。

レーザーポインターおすすめ

レーザーポインターに用いられる色は、赤・緑・青がもっとも有名です。なかでも赤色のレーザーは、レーザーに興味がない人でも見たことくらいはある色でしょう。ミニレーザー彫刻機は量産・普及が進んだこともあり、現在は安価な価格帯におかれているレーザーです。

次に普及しているのが緑色レーザーです。緑色レーザーも近年普及が進み、以前ほど高価ではなくなりました。しかし、レッドレーザーよりは価格が高いようです。一般的に、赤色レーザーは人間の目からの認識に劣り、緑色レーザーは赤色レーザーの約8倍明るく見えると言われています。8倍と言われてもピンと来ないか知れませんが、例えば同じ1mwのものを比べてみると、その差は歴然です。

次に、まだまだ珍しい青い光を放つブルーレーザーサイトですが、青色レーザーはまだとても高価です。当サイトの価格をご覧いただければわかるとおり、かなりの高価格帯に位置しています。しかし、それでも科学の分野など、さまざまなシチュエーションで必要不可欠なレーザーとなりつつあり最近ではBlu- rayなどの活躍により多少は量産効果により安くなってきた感はあるのですが、まだまだブルーレーザーダイオードは”極めて高い”のが現状です。光線を楽しむだけでも、十分魅了的なレーザーのひとつです。青い光線なんてそうそう見ることができませんからね。

http://www.mangguo.cmonsite.fr/blog/laser-pen-n2543.html

https://pod.dirkomatik.de/people/6dee78e0bec30134c8910335347b3cf9